ニュース / news

こちらは過去のニュースのページです。最新のニュースはこちらからどうぞ。


◆桂文我の“本屋で落語” 江戸の粋(いき) 上方の粋(すい)
 ―まずは落語で花見の宴―(2007/4/15 東京)


 出演:桂文我 柳亭市馬
 進行:金原瑞人
 日時:2007年4月15日(日)
  【1部】13:00〜15:00(開場12:30〜)
  【2部】16:00〜18:00(開場15:30〜)

 会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
 定員:120名 全席自由
 会費:各部 前売り料金:2,500円(税込) 当日料金:3,000円(税込)
     通し券 前売り料金:4,500円(税込) 当日料金:5,500円(税込)

 前売り券発売所・お問い合わせ:
  青山ブックセンター本店  03-5485-5511

 詳しくはこちらをご覧ください。



◆ジュンク堂書店「トークセッション――あさのあつこ×金原瑞人」(2007/3/17 新宿)


 期間・曜日・時間: 3/17 土 16:30〜
 会場:ジュンク堂書店新宿店階喫茶
 入場料:1000円
 定員:40名
 申込:要予約 お電話もしくは新宿店店頭にて。ジュンク堂書店新宿店(TEL:03‐5363‐1300)

※トークセッション、サイン会ともに満員御礼になりました。ありがとうございました。

 詳しくはこちらをご覧ください。

◆朝日カルチャーセンター「ヤングアダルトと文学――金原瑞人×あさのあつこ」(2007/3/17 新宿)

 期間・曜日・時間: 3/17 土 13:00〜15:00
 受講料(税込み): 会員 3,360円 一般 3,880円

 詳しくはこちらをご覧ください。



◆朝日カルチャーセンター新宿教室「金原瑞人の翻訳入門」(2008/3/22 東京・新宿)


 期間・曜日・時間: 2008年3月22日(土) 18:00〜21:00
 受講料(税込み): 会員 6,300円 一般 7,560円

 詳しくはこちらをご覧ください。



◆講演会「ヤングアダルト小説の楽しみ」(2007/12/27 岡山)

 日時:2007年12月27日(木) 13:30〜15:00
 申込:2007年12月14日(金)まで

 12月18日〜27日まで本の展示あり。
 詳しくはこちらをご覧ください。



◆桂文我の“本屋で落語” 江戸の粋(いき) 上方の粋(すい)(2007/10/14 東京)

 出演:桂文我 橘屋蔵之助
 進行:金原瑞人
 日時:2007年10月14日(日)
  【1部】13:00〜15:00(開場12:30〜)
  【2部】16:00〜18:00(開場15:30〜)

 会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
 定員:100名 全席自由
 会費:各部 前売り料金:2,500円(税込) 当日料金:3,000円(税込)
     通し券 前売り料金:4,500円(税込) 当日料金:5,500円(税込)

 前売り券発売所・お問い合わせ:
  青山ブックセンター本店  03-5485-5511

 詳しくはこちらをご覧ください。



◆新!読書生活  翻訳文学のいま 〜“古典”の新しいカタチを考える〜(2007/9/1 東京)


 日時:2007年9月1日(土) 14時〜17時(開場13時30分)
 会場:丸ビルホール(東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7階)
 参加費:無料
 申込:8/23までに、はがき、FAXまたはE-mailで
 プログラム:

  第1部 リーディング上演「シェイクスピア“十二夜”を読み直す」
  ■演出・解説
  安西徹雄さん(上智大学名誉教授・演出家)
  ■リーディング上演
  演劇集団「円」/ハープ演奏八木花奈子さん

  第2部 トークセッション「時代も国境も超える文学」
  ■角田光代さん(作家)×金原瑞人

 ※詳しくはこちらをご覧ください。



◆朝日カルチャーセンター新宿教室「金原瑞人の翻訳入門」(2007/9/29 東京)

 期間・曜日・時間: 2007年9月29日(土) 13:00〜16:00
 受講料(税込み): 会員 6,300円 一般 7,560円

 詳しくはこちらをご覧ください。



◆展示会「金原瑞人全仕事」 講演会「ぼくの翻訳者人生、金原瑞人」(2007/8/8 東京)

 日時:2007年8月8日(水)16:00〜18:00
 場所:ポプラ社1階ホール 新宿区大京町22-1 
 会費:2,000円
 主催:本の寺子屋

 ※本の展示は13:00〜15:00で、無料です。全訳書・原書(計500冊ほど)展示します。
 ※詳しくはこちらをご覧ください。



◆紀伊國屋書店創業80年・岩波文庫創刊80年記念トークイベント
  円朝夜話―岩波文庫『真景累ヶ淵』と映画『怪談』(2007/7/9 東京)


 鼎談:矢野誠一(評論家)×辻原登(作家)×金原瑞人
 日時:2007年7月9日(月) 19:00開演(18:30開場)
 会場:紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4F)
 料金:1,500円(全席指定・税込)
 前売:キノチケットカウンター(新宿本店5F/10:00〜18:30)
 お問い合わせ・電話予約:紀伊國屋ホール|03-3354-0141(受付時間10:30〜18:30)

 詳しくはこちらをご覧ください。



◆桂文我の“本屋で落語” 江戸の粋(いき) 上方の粋(すい)(2007/6/3 東京)

 出演:桂文我 桂平治
 進行:金原瑞人
 日時:2007年6月3日(日)
  【1部】13:00〜15:00(開場12:30〜)
  【2部】16:00〜18:00(開場15:30〜)

 会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
 定員:120名 全席自由
 会費:各部 前売り料金:2,500円(税込) 当日料金:3,000円(税込)
     通し券 前売り料金:4,500円(税込) 当日料金:5,500円(税込)

 前売り券発売所・お問い合わせ:
  青山ブックセンター本店  03-5485-5511

 詳しくはこちらをご覧ください。



◆訳書『ツォツィ』読者モニター募集中!

 『ツォツィ』のサンプル版を抽選で読者モニターの方にプレゼント中。
 応募資格:2007年3月22日までに『ツォツィ』を読 んで、感想をお送りいただける方
 応募方法:青山出版社ホームページより、応募フォームを送信
 応募締切り:2007年3月12日(最終締切り)

 詳しくはこちらをご覧下さい



◆図書館カルチャー「ぼくの翻訳」(9〜11月 浦安)

 第1回:9月30日(土) 横書きと縦書きの世界
 第2回:10月7日(土) 日本語の世界
 第3回:10月21日(土) 小説とファンタジー
 第4回:11月11日(土) 翻訳家ができあがるまで
 
 時間:各回とも午後2時から4時
 会場:浦安市立中央図書館
 定員:100名
 費用:無料
 申込:9月5日(火)午前10時より電話で中央図書館へ(047-352-4646)

 詳しくはこちらをご覧ください。



◆ヤングアダルト(YA)文学講座(2006/10/14 松山 2006/12/9 名古屋)

 日時・場所:
  2006/10/14(土) 松山市・愛媛県民文化会館
  2006/12/9(土) 名古屋市・名古屋国際会議場
  11:00〜15:50

 主催:(財)出版文化産業振興財団
 定員:各100名
 参加費:大人1,000円、学生無料
 申込締切:開催日の3週間前まで

 詳しくはこちらをご覧ください。



◆講演会「ウェストールと戦争と爆撃機と宮崎駿」(2006/10/22 銀座)

 日時:2006/10/22(日) 午後2時〜3時半
 場所:教文館 9階 ウェンライト・ホール
 定員:120名
 参加費:1,000円
 申込:2006/10/7までハガキを郵送
 主催:教文館 子どもの本のみせ ナルニア国
 詳しくはこちらをご覧ください。



◆朝日カルチャーセンター「広く、ファンタジー」(2006/9/16 横浜)

 期間・曜日・時間: 2006/9/16 土 11:00〜12:30
 受講料(税込み): 1回 会員 2,620円 一般 3,150円
 詳しくはこちらをご覧ください。



◆第9回読書コミュニティフォーラム全国大会(2006/8/21〜22 東京)   

 金原講演日時: 2006/8/22 午後2時15分〜3時45分
 演題: 「YA(ヤングアダルト)という少年少女小説が世界を変える」
 会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター
 入場料: 1日2000円
 主催: 読書コミュニティネットワーク
 申し込み: 郵便振替払い込みか八重洲ブックセンター本店でチケットを購入。当日参加可能。
 連絡先: shoji-kazuyuki@h2.dion.ne.jp
 関連サイト: http://www.h2.dion.ne.jp/~booklove/



◆朝日カルチャーセンター「金原瑞人の翻訳入門」(2006/8/19 新宿)

 期間・曜日・時間: 8/19 土 13:00〜14:30 14:45〜16:15
 受講料(税込み): 1回 会員 5,980円 一般 6,510円 
 申し込みはこちらから。



◆2006おかやま文学フェスティバル(2006/7/29〜30 岡山)

 日時: 2006/7/29(土)13:00〜16:30 「あさのあつこ、金原瑞人とフリートーク」
     [第1部]あさのあつこさんと語ろう
     [第2部]金原瑞人さんがおすすめする、元気の出る本たち
 会場 : 西川アイプラザ(幸町図書館)3階ビデオシアター(岡山市幸町10−16)
 入場料: 無料(入場整理券必要・定員70名)

 日時: 2006/7/30(日)14:00〜16:00 「あさのあつこ・森絵都・金原瑞人トークショー」
 会場 : 西川アイプラザ(幸町図書館)5階多目的ホール(岡山市幸町10−16)
 入場料: 無料(入場整理券必要・定員250名)

 申し込み方法: ハガキで「おかやま文学フェスティバル」係へ
 詳しくはこちらのサイトをご覧ください。



◆金原瑞人プロデュース「金原書店」(2006/7/1〜8/31 新宿)

 会場: ジュンク堂書店新宿店内
 期間: 2006年7月1日(土)〜8月31日(木)

 トークセッション: 2006年7月2日(日)
  15:00〜 上橋菜穂子(作家)×金原瑞人「ファンタジー言いたい放題」
  17:30〜 やまねこ翻訳クラブ会員(宮坂・田中)×金原瑞人「ファンタジーって、なんだよ?」
  申込み: ジュンク堂書店新宿店(TEL:03‐5363‐1300)
  入場料: 各1000円(ドリンク付き)
  定 員: 各30人
  関連サイト: http://www.junkudo.co.jp/newevent/talk-shinjyuku.html



◆金原瑞人講演会「12歳からの読書案内――ヤングアダルトの昔と今と――」(2006/6/17 沼津)


 日時: 2006/6/17(土)午後16:00〜18:00
 受付開始: 15:45
 場所: 沼津 ブケ東海
 会費: 2000円(飲み物つき)
 連絡先: koyateru@hotmail.co.jp へ
 定員: 50名
 関連サイト: http://d.hatena.ne.jp/koyateru/



◆朝日カルチャーセンター「ファンタジーの世界」(2006/5/20、6/3 新宿)

 ファンタジーとは何か。 19世紀のイギリスにおけるファンタジー小説から、 「ナルニア国物語」「指輪物語」を経て、 「ハリー・ポッター」以降の現代の作品まで紹介します。
 期間・曜日・時間: 5/20、 6/3 土 15:30〜17:30
 受講料(税込み): 2回 会員 5,460円 一般 6,510円
 申し込みはこちらから。



◆大人たちのしゃべり庭 -金原瑞人の訳本を聞く・旅する・語る-(2006/3/5 岡山)

 日時:2006/3/5(日) 5:00pm〜6:30pm
 会場:アートガーデン ギャラリーT(岡山県岡山市富町1−8−6)
 参加費:2,000円(ワンドリンク付)
 申込締切:2月末日
 詳しくはこちらをどうぞ



◆岩波書店セミナー「ファンタジーの魅力を探る」(2006/3/4 沖縄)

 日時:2006/3/4(土)
  12:00開場、12:30開演
  12:35〜14:05 講演
  14:20〜15:40 JPIC読書アドバイザーによる読みきかせ・ブックトーク実践講座
  16:00終演
 会場:沖縄県・那覇市 沖縄自治会館
 参加費:1,000円
 問い合せ・申し込み:出版文化産業振興財団「岩波書店セミナー」係
  Tel. 03-5211-7282 Fax.03-5211-7285 http://www.jpic.or.jp/iwanami/
 詳しくはこちらのページをどうぞ。


◆金原瑞人×清川あさみトークイベント&サイン会(2006/3/19 神田)

 日時:3月19日(日)14:00〜15:30
 場所:三省堂神田本店8階特設会場
 定員:100名
 ※三省堂神田本店にて『幸せな王子』をご予約・ご購入頂いた先着100名様にイベント参加券をお渡しします。
 お問い合わせ:03-3233-3312(三省堂神田本店

 絵本『幸せな王子』2月23日発売
 絵/清川あさみ 訳/金原瑞人 原作/オスカー・ワイルド
 リトルモア刊


◆ファンタジーっておもしろい!――「ナルニア国物語」映画化記念 講演&トーク(2006/2/23 築地)


 日時:2006年2月23日(木)午後6時30分〜9時
 会場:浜離宮朝日ホール(東京都中央区築地5-3-2)
 出演者:上橋菜穂子氏(作家・川村学園女子大学助教授)、久保純子氏(アナウンサー)、金原瑞人
 定員:350名
 聴講料:1000円(税込)
 申し込み方法:はがきに、住所・氏名・年齢・性別・電話番号を明記の上、〒101-8002 千代田区一ツ橋2-5-5 岩波書店「ナルニアA係」までお送りください。
 申し込み締切:2006年1月31日(火)当日消印有効(応募多数の場合は抽選。当選者には聴講券を送付)
 主催:岩波書店
 後援:朝日新聞社
 問い合わせ先:岩波書店宣伝部 電話03-5210-4103
 詳しくはこちらのページをどうぞ



◆八重洲座「桂文我の世界――復活珍品上方落語」(2006/2/25 八重洲)
チラシ

 対談:桂文我×山本進(芸能史研究家)×金原瑞人
 上方落語:桂文我
 日時:2006/2/25(土)
  (1)『後家殺し』13時開演(12時半開場) (2)『大仏餅』16時開演(15時半開場)
 場所:八重洲ブックセンター本店8階ギャラリー
 入場料:各2,100円(税込)
 座席数:各120席(満員になり次第締め切り)
 申し込み:八重洲ブックセンター本店1階
 電話:03-3281-1830
 ※会の性格上、小学生以下のお子様のご入場はご遠慮願います。
 ※詳しくは八重洲ブックセンターへお問い合わせください。



◆八重洲座「女流義太夫の世界Vol.4――これがホントの娘義太夫」(2006/1/27 八重洲)
チラシ

 『傾城阿波の鳴門』 巡礼歌の段 (浄瑠璃・竹本越華 三味線・鶴澤駒清)
 『傾城恋飛脚』 新口村の段 (浄瑠璃・竹本越孝 三味線・鶴沢寛也)
 トーク:水野悠子(女流義太夫研究家)×金原瑞人
 日時:2006/1/27(金) 18時30分〜20時(18時開場)
 場所:八重洲ブックセンター本店8階ギャラリー
 入場料:1,890円(税込)
 座席数:120席
 申し込み:八重洲ブックセンター本店1階
 電話:03-3281-1830
 ※詳しくは八重洲ブックセンターへお問い合わせください。

◆八重洲座「桂文我の世界――復活珍品上方落語プレイベント」(2005/12/24 八重洲)


 プレイベント対談:桂文我×金原瑞人チラシ
 上方落語:桂文我
 お囃子:かつら益美・桂米平
 日時:2005/12/24(土) (1)13時開演(12時半開場) (2)16時開演(15時半開場)
 場所:八重洲ブックセンター本店8階ギャラリー
 入場料:2,100円(税込)
 座席数:120席(満員になり次第締め切り)
 申し込み:八重洲ブックセンター本店1階
 電話:03-3281-1830
 ※会の性格上、小学生以下のお子様のご入場はご遠慮願います。
 ※詳しくは八重洲ブックセンターへお問い合わせください。



◆朝日カルチャーセンター「ヤングアダルトとは何か」(2006/1/14、3/11 新宿)

 講座の内容: 1950年代、 アメリカで「若者」という概念が誕生しました。 その後60年代に現れ今も人気を博すヤングアダルト小説を解説しながら、 ヤングアダルトとは何かを考えます。
 期間・曜日・時間: 1/14、 3/11 土 15:30〜17:30
 受講料(税込み): 2回 会員 5,460円 一般 6,510円
 申し込みはこちらから。



◆講演会「今、児童文学がおもしろい−翻訳家金原瑞人の思い出の作品たち−」(2005/10/28 札幌)

 日時:2005年 10月28日(金) 15:00 〜 17:00
 会場:北海道立文学館 講堂 (札幌市中央区中島公園1-4 TEL:011-511-3266)
 申込:事前申込なし。当日会場へ
 費用:500円
 主催:日本児童文学者協会北海道支部 読書会KIRARA'02
 問い合わせ先:八巻(TEL&FAX:011-683-2618) 杉本(TEL&FAX:0123-37-1353)



◆講演会「絵本の翻訳あれこれ」(2005/9/18 板橋)

 日時:2005年 9月18日(日) 14:00 〜 15:00
 会場:いたばしボローニャ子ども絵本館
 定員:30名
 申込:当日会場へ
 入場:無料



◆講演会「翻訳のたのしみ」(2005/9/17 石川)

 日時:2005年 9月17日(土) 13:00 〜 16:00
 会場:石川県青少年総合研修センター
 定員:50名
 申込:前日までに申込書を石川県立図書館に提出
 入場:無料



◆五味太郎×金原瑞人トークショー GOMI TARO ANNEX EXHIBITION 「もうひとつの五味太郎」


 日時:2005年8月13日(土) 18:30〜20:30
 場所:代官山ヒルサイドフォーラム(東京都渋谷区猿楽町18-8)
 参加費:ワンドリンク付 2500円
 人数:先着40名(当日17:00より会場にて受付開始)
 ※原則として、お子様連れはご遠慮ください。

 詳しくは五味太郎さんのホームページをご覧ください。



◆金原瑞人講演会「ファンタジーをはじめ、ヤングアダルト作品の魅力」(2005年6月18日)

 日時:2005年6月18日(土) 午後1:30〜3:30(開場1時)
 場所:神戸市教育会館6階 大ホール
 参加費:一般 1,000円(当日1,500円) 中学生・高校生 500円(当日500円)
 
 詳しくはこちらのチラシをご覧ください。



◆金原瑞人講演会「翻訳の言葉、言葉の翻訳」(2005年5月31日)

 日時:平成17年5月31(火) 15:10〜
 場所:法政大学多摩図書館2F円卓一帯

 5/16〜6/12、「金原瑞人・金原ひとみ展」も開催。

 詳しくはこちらをご覧ください。



◆新刊情報(2005年2月〜5月発行)

 『フィード』(M・T・アンダーソン著/相山夏奏共訳/ランダムハウス講談社)
 『トロール・フェル(上)金のゴブレットのゆくえ』(キャサリン・ラングリッシュ著/杉田七重共訳/あかね書房)
 『トロール・フェル(下)地底王国への扉』(キャサリン・ラングリッシュ著/杉田七重共訳/あかね書房)
 『世にも奇妙な動物たち―エドガー&エレン』(チャールズ・オグデン著/リック・カートン絵/松山美保共訳/理論社)
 『四つの風、四つの旅』(ローニット・ガラーポ著/舩渡佳子共訳/ソニー・マガジンズ)



◆デイヴィッド・アーモンド&金原瑞人トークセッション(4/2 東京・池袋)
「デイヴィッド・アーモンドが描く奇跡とは」

 日時:平成17年4月2(土) 18:30〜
 場所:ジュンク堂書店 池袋本店 4階カフェ (東京都豊島区南池袋2-15-5)
 申込方法:03-5956-6111に電話または来店にて申し込み
 入場料:1,000円(ドリンク付)
 定員:40名(先着順)

 このトークは『火を喰う者たち』(河出書房新社)刊行記念です。アーモンドの大ファンで、翻訳者である金原瑞人を聞き手に、『火を喰う者たち』について、そして自作を生んだ想像力の源について語ります。

 詳しくはこちらをご覧ください。



◆金原瑞人講演会(3/13 東京・江戸川区)
「『不思議の国のアリス』から『ハリー・ポッター』まで」〜英米ファンタジーの歴史を2時間で〜

 日時:平成17年3月13日(日) 14:00〜16:00
 場所:江戸川区立中央図書館 4階 講習室
 申込方法:往復はがき(2/23締め切り・消印有効)



◆新刊情報(2004年11〜2005年1月発行)

 『火を喰う者たち』(デイヴィッド・アーモンド著/河出書房新社)
 『コンスエラ 7つの愛の狂気』(ダン・ローズ著/野沢佳織共訳/アンドリュース・プレス)
 『バーティミアス ゴーレムの眼』(ジョナサン・ストラウド作/松山美保共訳/理論社)
 『マンゴーのいた場所』(ウェンディ・マス作/金の星社)
 『スカイラー通り19番地』(E.L.カニグズバーグ作/岩波書店)
 『ちっちゃくたっておっきな愛』(ジーン・ウイリス作/ジャン・ファーンリー絵/小峰書店)
 『タイドランド』(ミッチ・カリン著/角川書店)
 『シャバヌ 砂漠の風の娘』(スザンネ・ステープルズ作/築地誠子共訳/ポプラ社)



◆金原瑞人 × おくだ健太郎(歌舞伎研究家) 対談 (12/3 東京・池袋)

 日 時:平成16年12月3日(金) 午後7時〜
 場 所:リブロ東池袋店内
 入場料:1,000円(税込み・ワンドリンク付き)
 詳しくはこちらをご覧ください。



◆新刊情報(2004年9、10月発行)

 『ジャッコ・グリーンの伝説』(ジェラルディン・マコーリアン作/小松良佳絵/偕成社
   ※あとがきでお知らせしている本書の詳しい注のページは、こちらからどうぞ。
 『大人になれないまま成熟するために 前略。「ぼく」としか言えないオジさんたちへ』(金原瑞人著/洋泉社
 『ひかりのあめ』(フランチェスカ・リア・ブロック著/田中亜希子共訳/主婦の友社
 『ゼルダのママはすごい魔女』(ミッシェル・ヴァン・ゼブラン作/小峰書店
 『あたしもすっごい魔女になるんだ!』(ミッシェル・ヴァン・ゼブラン作/小峰書店
 『魔女ひとり』(ローラ・ルーク作/S.D.シンドラー絵/小峰書店
 『臆病者と呼ばれても――良心的兵役拒否者たちの戦い』(マーカス・セジウィック作/天川佳代子共訳/あかね書房



◆金原瑞人講演会「言葉の翻訳、翻訳の言葉」(11/13 沖縄県)

 日 時:平成16年11月13日(土) 午後5時〜
 場 所:沖縄県具志川市立図書館2階会議室
 入場料:無料
 問い合わせ先:沖縄県具志川市立図書館 TEL 098-974-1112 098-FAX 974-3505
 チラシ:こちらからプリントしてください。



◆金原瑞人講演会「若者文化、若者の本」(11/14 沖縄県)

 テーマ:「若者文化、若者の本」
      ファンタジーを含め、児童書とヤングアダルトの本について、若者文化と若者の心について講演。
 日 時:平成16年11月14日(日) 午後1時〜3時
 場 所:沖縄県浦添市立図書館2階視聴覚室
 入場料:無料
 問い合わせ先:沖縄県浦添市立図書館
          〒901-2114 沖縄県浦添市安波茶2-2-1
          Tel(098)876-4946



◆金原瑞人講演会「言葉の翻訳、翻訳の言葉」(11/26 山形県)

 日 時:平成16年11月26日(金)午前10時〜12時
      講演会終了後、サイン会ののち、講師を囲んでの懇親会(昼食付き)も開催(午後1時〜3時まで)
 場 所:ホテルキャッスル4階・楓橘の間(懇親会は桂桐の間にて)
      山形市十日町四丁目2-7 TEL 023-631-3311
 参加費:講演会1,500円 懇親会3,000円(食事・コーヒー代込み) 講演会・懇親会セット券4,000円
 定 員:講演会70名 懇親会20名(いずれも申込み先着順)
 申込み方法:電話にて申込みの上、郵便振込。折り返しチケットを送付。
 申込み先:023-641-5652(加藤)
 振込み先:02250-8-84313(やまがた絵本クラブ)
 締 切:平成16年11月20日(土)(なお、定員に達し次第、締切)

 ※主宰者より
  実行委員が選定した注目の訳書、翻訳の裏話などについてお話しいただきます。講演会で取り上げていただく本をあらかじめ読んでから参加しますと、講演会がよりいっそう楽しめます。注目の訳書を別紙のリストにてご覧のうえ、ぜひ講演会申込み時、一緒にご注文ください。



◆YA(ヤングアダルト)翻訳コンテスト

 主宰者の(株)バベルより
 翻訳のインテグレート・カンパニー潟oベルでは、金原瑞人氏の出題と審査により「第1回BABELヤングアダルト翻訳プロフェッショナル・コンテスト」を実施、応募作品を募集しています(10月6日締切)。最優秀賞、優秀賞の方はヤングアダルト作品を共同出版の権利を得るほか、同社教育部門BABEL UNIVERSITYの受講券などの授賞・賞品が用意されています。
 詳細はバベルのホームページhttp://www.babel.co.jp/、金原氏のインタビューが掲載された月刊「eとらんす」9月号(バベル・プレス刊)をご覧ください。



◆高橋哲哉x金原瑞人トークセッション「自分の周りにおきていること?」
『茶色の朝』×『チョコレート・アンダーグラウンド』刊行記念

 9月10日(金)18時から(開場17:30)
 参加無料
 三省堂神田本店8階特設会場にて
 神田本店4階にて、予約受付中(先着80名様まで)
 問い合わせ先:三省堂書店 神田本店 4階 tel.03-3233-3312(代表)



◆新刊情報(2004年8月発行)

 『白い果実』(ジェフリー・フォード著/山尾悠子・谷垣暁美共訳/国書刊行会



◆新刊情報(2004年6月、7月発行)

 『海のはてまで連れてって』(アレックス・シアラー著/ダイヤモンド社
 『バースデー・ボックス』(ジェーン・ヨーレンほか著/監訳/メタローグ
 『スピーク』(ローリー・ハルツ・アンダーソン著/主婦の友社
 『チョコレート・アンダーグラウンド』(アレックス・シアラー著/求龍堂



◆夏の講演会(7/25岡山、8/7熊本、8/8東京、8/24岡山、9/18横浜)


 ●岡山市文学賞第20回記念 おかやま文学講演会「文学の力、ことばの力」
  日時:7月25日(日)14:00〜16:00
  場所:西川アイプラザ5階ホール
  入場料:無料
  定員:200名(事前申し込み不要)
  託児:あり(有料/2週間前までに申し込みが必要)
  託児の申し込み・講演会の問い合わせ先:電話090-9507-7678春木まで
  参考:岡山市文学賞のページ

 ●熊本子どもの本の研究会主催講演会
  日時:8月7日(土)10:00〜12:00「翻訳のことば、ことばの翻訳」
  日時:8月7日(土)13:30〜15:30「私の非読書体験」
  会場:熊本市立図書館ホール
  参加費:各1500円(中高生無料)
  申し込み・問い合わせ先:熊本子どもの本の研究会(TEL/TAX 096-382-5090)

 ●クレヨンハウス 夏の学校 2004 in Tokyo
  期日:8月7日(土)午後1時〜、8日(日)、9日(月)午後1時まで(2泊3日) 現地集合、現地解散
  会場:サンシャインシティプリンスホテル(東京都豊島区東池袋3-1-5)
  定 員: 大人500名(中学生以上)
  参加費: 1名42,000円(2泊3日6食・受講料・施設使用料・旅行保険含む)
  受講内容: 11の全体講義と2つの分科会(フリートーク)をそれぞれ受講。
  詳細はこちらのページ

 ●第1回おかやま絵本原画祭 シンポジウム「なぜ本を読むの?」〜子どもの育ちと本の役割〜
  日時:8月24日(火)午前10:30〜12:30
  コーディネーター:山口茂嘉(岡山大学教授)
  シンポジスト:金原瑞人、脇明子(ノートルダム清心女子大学教授)、加藤容子(岡山市立岡北中学校司書)
  入場前売券:おとな600円(当日700円)、子ども400円(当日500円) ※子どもは4歳〜18歳
  詳細はこちらのページ

 ●朝日カルチャーセンター横浜「若者文学ヤングアダルトって?」
  期間:9月18日(土)15:30〜17:30
  受講料:会員2,620円 一般3,150円
  詳細はこちらのページ



◆新刊情報(2004年5月発行)

 『ヒーラーズ・キープ 下 たましいの砦』(ヴィクトリア・ハンリー作/石田文子共訳/あかね書房



新刊情報(2004年3月発行)

 『ヒーラーズ・キープ 上 守りたいもの』(ヴィクトリア・ハンリー作/石田文子共訳/あかね書房
 『ホエール・トーク』(クリス・クラッチャー著/西田登共訳/青山出版社



◆「ひとの力をひきだす仕事としての翻訳」金原瑞人(翻訳家)×西村佳哲(働き方研究家)トークショー


 「ひとの力をひきだす仕事」が、いま社会の中で重要度を高めているのではないか。そんな視点から、働き方研究家が翻訳家の仕事にせまる公開インタビュー。

 日時:2004/4/16(金) 19:00〜
 場所:リブロ東池袋店内カフェリブロ
 入場料:1,000円(ワンドリンク付・税込)
 定員:50名様
  (リブロ東池袋店にて整理券配布中。電話予約も承ります)
 問い合わせ先:リブロ東池袋店 TEL 03-5954-7730



◆新刊情報(2004年1・2月発行)


 『木曜日に生まれた子ども』(ソーニャ・ハートネット著/河出書房新社
 『チャーリーと真実のどくろ』(講談社・文学の扉 マジックショップシリーズ/ブルース・コウヴィル作/大谷真弓共訳/講談社
 『人類最高の発明アルファベット』(ジョン・マン著/杉田七重共訳/晶文社



◆新刊情報(2003年11・12月発行)


 『クリスピン』(アヴィ著/求龍堂
 『バーティミアス サマルカンドの秘宝』(ジョナサン・ストラウド作/松山美保共訳/理論社
 『バッドボーイ』(ウォルター・ディーン・マイヤーズ作/小峰書店
 『ウィルフきをつけて!』(ジャン・ファーンリー作/小峰書店



◆新刊情報(2003年10月発行)

 『ラッセルとモンスターの指輪』(講談社・文学の扉 マジックショップシリーズ/ブルース・コウヴィル作/大谷真弓共訳/講談社
 『薔薇と野獣』(フランチェスカ・リア・ブロック著/小川美紀共訳/東京創元社
 『人魚の涙 天使の翼』(フランチェスカ・リア・ブロック著/小川美紀共訳/主婦の友社)※発行日2003.12.1



◆新刊情報(2003年9月発行)

 『ザスーラ』(クリス・バン・オールスバーグ作/ほるぷ出版
 『ホバート』(アニタ・ブリッグズ作/金の星社
 『死について!』(スタッズ・ターケル著/野沢佳織・築地誠子共訳/原書房
 『のっぽのサラ』(パトリシア・マクラクラン作/徳間書店)※再刊
 『盗神伝III アトリアの女王 後篇 告白』(メイガン・W・ターナー著/宮坂宏美共訳/あかね書房



◆新刊情報(2003年8月発行)


 『サハラに舞う羽根』(A.E.W.メイスン著/杉田七重共訳/角川書店



◆読書講座 ヤングアダルトを読む ―文芸書と児童書が出会う場所―


『指輪物語』や『ライ麦畑でつかまえて』をはじめとした10代の若者を対象に書かれた児童文学はヤングアダルト文学と呼ばれています。ここでは、家庭崩壊、アルコール中毒、未婚の出産など、現代課題をかかえて生きる主人公たちが、時にひたむきに、時にユーモラスに描かれています。教訓色が強くないためか、これらの本を好んで読む大人も多い。子どもの本とあなどらずに、ご一緒に読んでみませんか?

【募集要項】
 実施期間  平成15年9月14日〜9月28日 毎週日曜日(全3回) 午後2時〜4時
 対象  渋谷区在住・在勤・在学の高校生以上の方(定員を超えなければ、渋谷区以外でもOK)
 定員  50名(定員を超えた場合は抽選)
 費用  無料
 募集期間  8月15日(金)〜23日(土)
 申込方法  電話または窓口
 問合せ・申込先  渋谷区立千駄ヶ谷社会教育館
 〒151-0051 渋谷区千駄ヶ谷1-6-5 電話 3497-0631
 主催  渋谷区立千駄ヶ谷社会教育館

【日程表】
 9月14日  ヤングアダルト文学を読む ―文芸書と児童書が出会う場所―
 立教大学講師 斉藤美加氏
 9月21日  物語そのものの魅力を求めて ―守り人へ至った道―
 川村学園女子大学助教授・作家 上橋菜穂子氏 (コーディネーター 斉藤美加氏)
 9月28日  ヤングアダルト文学の魅力
 法政大学教授・翻訳家 金原瑞人氏 (コーディネーター 斉藤美加氏)

【講師紹介】
 斉藤美加
   主な訳書・著書:『英米児童文学ガイド―作品と理論』『おてんばシーラ』『アンネ・フランク物語』他
 上橋菜穂子
   主な著書:『精霊の守り人』『闇の守り人』『月の森に、カミよ眠れ』他
 金原瑞人
   主な訳書:『青空のむこう』『豚の死なない日』『レイチェルと滅びの呪文』他



◆新刊情報(2003年7月発行)


 『キットの法』(ドナ・モリッシー著/大谷真弓共訳/青山出版社
 『ジェレミーとドラゴンの卵』(講談社・文学の扉 マジックショップシリーズ/ブルース・コウヴィル作/講談社
 『ジェニファーと不思議なカエル』(講談社・文学の扉 マジックショップシリーズ/ブルース・コウヴィル作/講談社



◆桂文我のちょっと変わった落語会 「非ブレヒト的対談」
 チラシ
 (ブレヒト的ブレヒト演劇祭参加企画)

 20世紀の世界戦争の時代を生き、人間と社会を動かそうとする芸術を作り続けた、ベルトルト・ブレヒト。数ある作品群の中から、落語に変化させて演じてみるのが、この度の催しです。「ちょっと変わった落語会」を、「ちょっと変わった角度」でお楽しみ下さいませ。どうぞ、宜しくお越しのほどを……。

 日時  2003年9月14日(日) 午後5時開演(4時30分開場)
 出演  桂文我&金原瑞人
 演目  『村娘の結婚』(ブレヒト作『小市民の結婚』より、勝将興・桂文我の共作)
 『犬のおかげ参り』(ブレヒト作『子どもの十字軍』より、金原瑞人・桂文我の共作) 
 劇場  シアターX(東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア1F TEL 03-5624-1181)
 会費  前売2,500円 当日3,000円(全席自由)
 主催  シアターX

※お問い合わせ・前売り券販売所/シアターX(TEL 03-5624-1181) 米朝事務所(TEL 03-3412-2585)
※会の性格上、小学生以下のお子様のご入場は、ご遠慮下さいませ。



◆講演会(栃木県)
 第19回 栃木子どもの本サマースクール 子どもに読書のよろこびを ―子どもの本の可能性―

 
 とき  2003年8月23日(土)・24日(日)
 ところ  栃木県教育会館(基調講演) とちぎ青少年センター(分科会)
 定員  200名
 受講費  5,000円(一部受講も可)
 申込み  専用の申込書要
 問合せ  松田 TEL 028-661-1661 小金沢 TEL 028-624-1206 高橋 TEL 0288-78-0212
 主催  栃木子どもの本連絡会 (財)とちぎ青少年こども財団

★基調講演 23日(土)午後1:00〜2:30
 猪熊葉子
 「なぜ大人は子どもに向かって書き、子どもの本を読むのか」
 ―大人と子どもの出会いを可能にする物語―

★分科会
 あきやまただし、荒井督子、猪熊葉子、いわむらかずお、内田麟太郎、金原瑞人、酒井京子、中村悦子
23日(土) 午後3:00〜5:00 24日(日) 午前10:00〜12:00
歴史物語の意味
 サトクリフを中心に考える
 講師:猪熊葉子
まめうしくんのお父さん
 子育てから生まれた絵本
 講師:あきやまただし
読み聞かせ
 楽しい世界へいざなうために(1)
 講師:荒井督子
読み聞かせ
 楽しい世界へいざなうために(2)実践
 講師:荒井督子
絵本のことば 絵本の詞
 講師:内田麟太郎
うちだりんたろうの世界
 講師:内田麟太郎
ファンタジーのこれまでと、これから
 講師:金原瑞人
英米ヤングアダルト文学の現在
 講師:金原瑞人
交流会
 23日(土) 午後6:00〜7:30
トーク&トーク
 ―14ひきの誕生から20年―
 24日(日) 午後1:30〜3:00
 いわむらかずお
 酒井京子
 中村悦子



◆講演会(宮城県)
 第8回 子どもの本・秋・連続講座


 2003年9月7日(日)  伊勢英子  テーマ「絵本の旅―風景の解剖」
 2003年10月5日(日)  金原瑞人  テーマ「言葉の翻訳 翻訳の言葉」
 2003年10月26日(日)  内田麟太郎  テーマ「絵本があってよかったな」
 2003年11月29日(日)  長谷川摂子  テーマ「絵本が目をさますとき」

 時間  いずれも午後1:30〜3:00
 会場  仙台市市民活動サポートセンター 3階 セミナーホール(エレベーターで3階へ)
 定員  100名
 参加費  4回通し券…4,500円 1回券…1,500円(当日券1,600円) 中学・高校生…700円
 申込み
 参加費を郵便振替で送金後、チケットを郵送(1回券を申し込む場合は講師名を明記)
 振替先 番号 02290-8-41871 名称 宮城子どもの本を楽しむ会
 問合せ
 絵本の専門店「こどものほんポラン」内・増田(TEL/FAX 022-265-1936)
 松尾(TEL/FAX 022-231-2712)
 主催  宮城子どもの本を楽しむ会

 ※講演会終了後、サイン会と講師を囲む会あり(16:15〜17:15)



◆新刊情報(2003年7月発行)


 『宇宙のかたすみ』(アン・M・マーティン著/中村浩美共訳/アンドリュース・クリエイティヴ
 『盗神伝II アトリアの女王 前編 復讐』(メイガン・W・ターナー著/宮坂宏美共訳/あかね書房



◆新刊情報(2003年6月発行)


 『500年のトンネル 上・下』(スーザン・プライス著/中村浩美共訳/創元推理文庫
 『9990個のチーズ』(ヴィレム・エルスホット著/谷垣暁美共訳/ウェッジ
 『ヘヴンアイズ』(デイヴィッド・アーモンド著/河出書房新社
 『コララインとボタンの魔女』(ニール・ゲイマン著/中村浩美共訳/角川書店


プロフィール / profile 訳書リスト / translation list エッセイ / essay おすすめの本 / my recommendations 近況報告 / recent news
未訳の本 / untranslated books ギャラリー / gallery ニュース / news 更新履歴 / what's new 法政関連 / hosei univ.
ホーム / home

 copyright © 2003-2009 Mizuhito Kanehara

 last updated 2009/11/11